サイトメニュー

手

躁鬱の症状が出る病です

双極性障害では躁状態とうつ状態の症状の両方が出て、躁では気分が高揚して多くの行動を行い、うつでは落ち込んでやる気が出なくなります。この病気にならないためには、生活リズムを乱さないようにしたり人間関係のストレスを避けたりすることが大切です。

詳しく見る

看護師

メインは気分安定薬

リチウムなどの気分安定薬は、双極性障害の中心的な治療薬であり、血中濃度を定期的に測定しながら治療を進めます。飲み合わせのチェックを行わないと治療薬が処方されませんので、何か服用中の時はお薬手帳などを持参して、必ず医師に見せてください。

詳しく見る

女性

毎月かかる費用を把握する

感情が高ぶり必要以上にやる気が満ちたり大胆になったりする躁状態と、何に対してもやる気が起きずに気持ちが落ち込むうつ状態を繰り返す症状を双極性障害と呼びます。一般的な治療にかかる費用や、病院の選び方についてご説明します。

詳しく見る

医者

心の変動が大きい病気

躁状態になれば治ったと感じる場合もありますが、双極性障害の受診は自己判断で中断せず、調子が良くても通院しましょう。この疾患の治療を受けたい時は病院に電話を入れ、双極性障害を診て欲しい旨を伝えて予約してください。

詳しく見る

婦人

抑と躁が交互にあらわれる

双極性障害は抑の状態と躁の状態が交互にあらわれ、独自でコントロールすることができない病気です。双極性障害はうつ病と誤診されることが多いため、医師に症状を伝える際は日常で過ごす時にどのような状態になるのかをちゃんと伝えることが必要です。

詳しく見る

タイプが違います

男性

良く知って対応する

うつ病というと、気分が落ち込みややる気の消失などと言った症状が象徴的ですが、実際にはそれだけではないタイプのものもあります。大きくはうつ状態のみが続く大うつ性障害とうつ状態と躁状態が交互に現れる双極性障害に分類することが出来、必要となる対応も異なってくるので注意が必要です。双極性障害は知らない人間が見ると、ハイになる元気な期間があるのだから大うつ性障害より病状は軽いのではないかと考えがちですが、実際にはそうとは言えません。躁状態のときは単に元気になるのではなく、自分を過信しすぎたり衝動的な行動に出やすかったりする傾向にあるため、普通ではしないような大胆な行動に出て結局は自分に不利益な状況を作ってしまう事があります。例えば、勢いで会社に辞表を出してしまったり、高額な買い物を決めたり、ローンを組んでしまったりという場合もあります。双極性障害の躁状態の時に最も注意しなくてはならない点は、自殺率が高い状態であるという点です。うつ状態の時の方が自殺願望を持ちやすいのですが、いざ実行するだけの行動力を持つのは躁状態の時の方が多いためです。双極性障害は大うつ性障害と異なり、基本的に完治する事のないものであると言われていて、治療としては症状の落ち着いた状態が続く寛解を目指していく事になります。実際のところ、原因などもはっきりわかっていないのですが、発病にかんしてはストレス以外にも遺伝的要因や過剰なアルコール摂取などにもかかわりがあると言われています。うつ状態と躁状態が交互に現れる病状ですが、定期的に切り替わるわけではなく、多くの場合は長いうつ状態が続き前触れなく躁状態になるという病状であるため、本人だけでなく家族も精神的な負担があります。寛解の状態や軽度の症状であれば薬を飲みながら社会復帰することも可能ですが、不安定な病状は大きな気分の振れ幅など難しい点も多いため病状を悪化させないよう治療に専念するケースが多いです。うつ病全般に言える事ですが、大切なのはできるだけ初期の段階で正しい診断を受けて治療を開始するという事です。特に双極性障害はうつ病の診断を受けた後しばらくしてから診断されることもあるので、自分の騒擾をできるだけ詳しく医師に伝えることが大切です。

人気記事

手

躁鬱の症状が出る病です

双極性障害では躁状態とうつ状態の症状の両方が出て、躁では気分が高揚して多くの行動を行い、うつでは落ち込んでやる気が出なくなります。この病気にならないためには、生活リズムを乱さないようにしたり人間関係のストレスを避けたりすることが大切です。

詳しく見る

看護師

メインは気分安定薬

リチウムなどの気分安定薬は、双極性障害の中心的な治療薬であり、血中濃度を定期的に測定しながら治療を進めます。飲み合わせのチェックを行わないと治療薬が処方されませんので、何か服用中の時はお薬手帳などを持参して、必ず医師に見せてください。

詳しく見る

女性

毎月かかる費用を把握する

感情が高ぶり必要以上にやる気が満ちたり大胆になったりする躁状態と、何に対してもやる気が起きずに気持ちが落ち込むうつ状態を繰り返す症状を双極性障害と呼びます。一般的な治療にかかる費用や、病院の選び方についてご説明します。

詳しく見る

医者

心の変動が大きい病気

躁状態になれば治ったと感じる場合もありますが、双極性障害の受診は自己判断で中断せず、調子が良くても通院しましょう。この疾患の治療を受けたい時は病院に電話を入れ、双極性障害を診て欲しい旨を伝えて予約してください。

詳しく見る