サイトメニュー

毎月かかる費用を把握する

女性

交通機関が便利な方が良い

やる気が起きる時と気持ちが落ち込む時の落差が激しく、その状態を繰り返すうつ病のことを双極性障害と呼びます。躁状態の時には活動的に行動を起こすため、一見するとうつ病である事が分かりにくい症状です。自分自身で感情の起伏が激しく、対人関係や家族間でのやりとりがうまくいかないなどの悩みがある場合には、双極性障害の治療を得意とする専門の医師に診てもらうのがオススメです。治療にかかる費用は、ひと月に1回の診察で薬代を含めて5,000円から1万円以内が平均的な相場となっています。睡眠導入効果のある薬を含めて数種類の薬を処方される事が多く、不眠状態が続く場合に使用します。これらの薬を服用しながら、人間関係の改善方法や気持ちの持ち方などをカウンセリングするのが一般的な治療方法です。また、基本的な診察にかかる費用や薬代のほかに、移動費を計算しておくと治療にかかる予算を算出しやすくなります。電車に乗るのが苦手という方の場合には、体調に応じて自家用車のガソリン代やタクシー代などの費用も計算しておくと安心です。いわゆる躁うつ病という呼び方でも知られている双極性障害は、心療内科や精神科で専門的な治療を受けることが出来ます。薬を服用して治療する方法と併用して、家庭や生活の環境に応じてどのような生活を送るのがベストであるかの指導を受けていきます。平均して毎月1回の通院を一年半から2年以上に渡って行う事になるので、自宅から通いやすい場所にある病院を選ぶのが基本です。自宅からあまり近すぎない方が良いという方の場合には、交通機関が便利な土地の病院を選ぶようにします。電車に乗るのが苦手という方の場合には、駐車場が確保できる病院にしておくと便利です。家族の方に自家用車で送ってもらいやすい場所やタクシーでも通える立地にある病院にしておくと長期間の通院になっても安心です。また、自宅での治療だけではなく入院をして治療を行いたいと希望する方の場合には、あらかじめ入院可能となっている病院を調べてから通院する方法もあります。医師によって得意とする症状が異なるので、双極性障害の治療実績の高い医師のいる病院にすると相談しやすくなります。