抑と躁が交互にあらわれる|双極性障害の特徴とは?【うつ状態と躁状態が交互に現れる】

サイトメニュー

抑と躁が交互にあらわれる

婦人

誤診されないために伝える

双極性障害は別名「躁うつ病」とも呼ばれています。しかしうつ病とはまた違った症状で、治療法も違ってきます。双極性障害は、抑と躁の状態が交互にあらわれる症状です。抑の状態は、世間でもよく知られているうつ病の症状です。落ち込みが激しく、ため息ばかり吐くようになり、やる気を失い疲労も取れにくくなります。そしてマイナスなことばかり口にし、自尊心の低下がみられます。躁の状態はその逆で、ハイテンションとなり無謀な行動をとるようにもなります。そのほか異常な浪費野性的な行為に及ぶこともあり、自分自身で抑制することができなくなります。これらの症状が交互にあらわれることで身体的にも影響が出てきます。双極性障害を治療する際は、薬物療法が主となっています。処方される薬は、気分安定剤や抗不安薬がほとんどです。躁状態を抑えるために処方され、異常な行動に出ることを抑制させます。そして必要ならばカウンセリングも実行します。心理療法を利用して精神的に安定させ、病気を少しずつ治していきます。双極性障害は、病気で診断を受けてもうつ病と誤診されることがあります。なぜ誤診されることが多いのかといいますと、躁状態を把握できていない患者が多いことにあります。抑状態は独自で判断し、つらい状態がどのようにしてあらわれるのか医師に伝えられます。しかし躁状態は、病気だと判断できずに医師に伝えることがなく診察を受けてしまう場合があるためです。躁状態は楽しく感じる人もいたり、テンションが高くなる状態を悪く感じない人がいたりするなど、その影響から病気と考えず病院で診察してもらうことからうつ病と誤診される人が出てきてしまうというわけです。お金の使い方が止まらずにテンションが上がると何でも買ってしまう状態や、理性で抑えられずにどこでも性癖があらわれ行動してしまう状態は、異常となる場合が多くあります。その異常さから今度は落ち込みが激しくなるほか、突然泣き出したり意味無く癇癪を起こしたりと情緒不安定になれば、双極性障害という病気を疑っても良いかもしれません。