躁鬱の症状が出る病です|双極性障害の特徴とは?【うつ状態と躁状態が交互に現れる】

サイトメニュー

躁鬱の症状が出る病です

手

出やすい症状を挙げます

双極性障害は躁うつ病とも言われ、躁と鬱の状態の両方を循環する形になる病ですが、この病気の判断は難しいので注意が必要です。躁の場合は1日中活動しても疲れにくく、気分が高揚して、さらに昼夜を問わず友人などに連絡するようになったりします。そしてこの場合は本人が病気であると感じることはあまりないようですが、家族や周りの人々がその人の異常性に気付くことが多いようです。これに対してうつ状態の場合は、本人が心身の辛さを感じて相談することが躁状態の場合よりたくさんあると言えます。こちらの症状としては不安になったり、イライラした気持ちが強まったりする他、意欲が低下して行動を行いにくくなります。さらに双極性障害でのうつ状態では、疲れやすくなったり不眠や食欲低下の症状が出たりするなど、身体的な問題も起こりやすいとされています。以上のような症状を放置すると、躁状態では危ない行動をしてしまったり、うつ状態では罪責感が強まったりして自殺を考えることもあるので早期の発見が重要です。双極性障害の原因としては遺伝的なものもありますが、生活リズムの乱れや人間関係でのストレスなども考えられます。生活面では食事や睡眠などの時間をしっかりと取って規則正しい毎日を送るようにすることが大切ですし、人間関係ではストレスがたまらないように注意する必要があります。そしてそのようなことを自分だけでやるのが難しいときには、病院などで相談して適切な方法に関するアドバイスをもらうようにすると良いでしょう。また、ストレスの解消に関してはかなり個人差があるので、友人と話したり趣味を増やしたり適度な運動を行うなど、それぞれに合う方法を考えると効果的になるはずです。さらに、双極性障害の場合には発見しにくいと言われているので、躁状態やうつ状態の症状を調べて自分の場合にあてはまる場合は医師に相談してみることも大切です。なお家族の対応も影響するので、家族がその人の状態に関して病的でないかどうかを常に考えた上で、自分達もストレスを与えないようにするとこの病気を防ぎやすいでしょう。